従事する警備業務の内容(配置別)

警備業務の内容を指定して関連データを追加・表示

ある大型商業施設のオープニング警備を受注したとします。その警備に従事する警備員の人数は多数に上ります。

そんなとき、警備員Viewで一人一人データを呼び出して、従事する警備業務の内容を入力していくっていうのは非効率的です。出来れば、一度に入力したいものです。

また、その警備業務に従事した警備員全員について、漏れなく警備業務の内容を入力したかどうか、開始日にミスはないかどうかチェックしたいときも、一人一人警備員Viewで呼び出すのは大変です。

そこで、「警備業務の内容」を先に指定して、それと関連付けされている警備員のデータを表示したり、一度に複数警備員の関連付けができるようにしました。

表示

警備員一覧で、コマンドボタンの「従事する警備業務」をクリック。次の画面が表示されます。

②のセレクトボックスから警備業務の内容を選択します。必要なら、①でフィルターを掛けると選択肢を減らすことができ、見やすくなります。

表示方法の何れかのボタンをクリックします。在職者のみ表示、退職者のみ表示、全員表示、の3つから選んでクリックしてください。

まとめて追加

一度に複数人の警備員を関連付けすることができます。

Next: 警備員のBasicデータをExcelにエクスポート
Prev: 資格者の集計
目次: 使い方