従事する警備業務の内容

従事する警備業務の内容を管理

警備員Viewで、「従事する警備業務の内容」を確認できます。

上図のは、警備員名簿を作成したときに、「至」の日付をPDFに書き込むかどうかのフラグです。”Y”なら書き込みます。

また、上図のをクリックすると、警備業務の内容の管理画面に遷移します。

この画面から、警備業務の内容の①追加・②編集・③削除を行います。

追加

マスターテーブルに登録しておいたアイテムのうち、適切なものをセレクトボックスで選択します。

あとは、「自」の日付を入力して、Submitします。

「至」の日付も入力できるようになってはいますが、この段階で「至」の日付を
入力することは、まずないはずです。

『「至」を印刷する』にチェックを入れると、警備員名簿を作成したときに、
その日付をPDFに書き込みます。チェックが入っていないものについては、「至」の日付は、DBには登録されますが、PDFには書き込まれず、空欄になります。

図のAの部分を展開すると、以下のようになります。

これを使えば、マスターに新しいアイテムを登録したり、既存のアイテムを変更することができます。
送信ボタンをクリックすると、その内容がDBに送られます。

編集(Edit)

次図が編集画面です。

ほとんどの場合、「至」の日付と「至を印刷する」のチェックを入力するときに使うことになると思います。

Next: 確認票作成
Prev: 資格者証や合格証明書の登録
目次: 使い方