データ一覧の画面

データ一覧における画面構成

警備員の情報、教育の情報など何らかのデータを取り扱う画面に遷移すると、このシステムでは、最初に当該データの一覧を表示することが多いです。cakephpの基本的な作りがこのようになっているため、そのまま利用している、ということです。↓は警備員の一覧です。

他の画面に遷移

①を「グローバルナビ」、②を「コマンドボタン」と呼びます。①は、どの画面でも共通ですが、②は画面ごとにボタンの種類と個数が異なります。クリックすればその機能を呼び出すため、他の画面に遷移します。

検索条件

データの一覧表示については、ほとんどの場合フィルターが掛けられるようになっています。
検索条件を指定して、③の「F実行」ボタンをクリックすれば条件を満たすデータだけが表示されます。F実行とは、フィルター実行という意味です。

並べ替え

一覧表の見出し部分(④のこと)を1回クリックすると、そのカラムの昇順にデータが並びます。もう一度クリックすれば、降順に並びます。
ただし、すべてのカラムが並べ替えに対応しているわけではありません。マウスカーソルを見出し部分に持っていったとき、背景色が変われば並べ替えに対応していて、変わらなければ対応していない、というわけです。

Next:
目次: 使い方